40歳を過ぎてウェブライターに転身して転職したノウハウ!

これまで事務職として働いてきた私がウェブライターに40代転職した体験談をご紹介します。現状の仕事に限界を感じつつも、年齢を理由に40代転職をためらっている方のお役に立てればと思います。

私は出版社で約10年勤務してきました。一般的に出版社と言うと編集職を想像するかもしれませんが、私が勤務してきたのは経理職。そのため出版社とはいえライティングのスキルはまったくありません。そんな私も出版社で勤務している以上はメディアを発信してみたいという希望を持ち続けていました。しかし会社ではプロのライターや編集者がプライドを持って仕事をしているため、未経験の私が発表する場などありません。そこで私が目をつけたのはウェブブログです。

ここなら登録するだけで気軽にメディアを発信できる。そう考え私はブログに登録し、文章を書いて発表してみました。幸いなことに一般的な職場に比べて、経理職とはいえど文章を見てきた経験は多いほうです。それに売れる文章、売れない文章の違いは分かっているつもりです。最初の半年くらいは時間がかかりましたが、すぐに軌道に乗せることができました。

ブログを運営して半年ほど、ブログに載せていたお問い合わせフォームから、ウェブライターとして働いて欲しいとのメールが到着。調べてみると、ウェブでメディアを発信している会社でした。どうやら私のブログを読んでスカウトしてくださったようです。今ではその会社にウェブライターの正社員として40代転職して勤務しています。