未経験で40代から転職する際に成功するための3つのコツとは?

今は終身雇用という考えがなくなりつつあり、チャンスがあれば転職する人が増えています。特に30代のうちに自分にとってチャンスが広がる会社、待遇の良い会社へ転職するのを考えている人もいるほどです。では、30代からの転職をする際に成功するためのコツとは何でしょうか。今日はそのためにすることができる3つのコツについて記したいと思います。

まず最初のコツは学ぶという姿勢を忘れないということです。20代のころは若いですし、さらに経験も少ないので仕事を通じて学ぶ機会も多く、そしてそれをスポンジのように吸収することができます。ところが、30代になってから転職すると、20代のころにはなかったある程度の経験や自信、実績があります。そこで、学ぶ姿勢というのを忘れてしまう人も少なくありません。とはいえ、仕事は一人でできないので周りから学ぶという姿勢は非常に重要です。

次に必要なコツは組織と歩調を合わせるということです。会社はやはり組織力が必要です。30代というポジションで新たな組織に入るということは想像以上に大変なものです。そこで、この組織の中で自分はどのように働けるのかということをすばやく察知することができれば、転職先でも成功することができます。

最後のコツは自分らしさを理解しているということです。転職する際に求められるのはこの会社のために何ができるかということです。20代の場合にはがむしゃらにがんばればそれだけで評価されましたが、30代の場合にはそれが通用しません。むしろ、自分の持ち味を出すことが求められています。

転職の面接の際に自分の実績だけを述べることがマイナスになることも

転職の際、面接官に自分をアピールすることは非常に重要です。この会社で自分がどれだけのことを行えるかを知らせる機会の多くは面接の場が占めています。そのためここでのアピールは転職に大きく左右します。しかしただ自分が残した実績だけをだらだらと述べてしまうなら、逆効果を生じさせることがあります。なぜならこのような状況は自分の考えを押し通す、協調性のない人間であるという印象を与えてしまうことがあるからです。そのため社内の和を乱す可能性があると考えられてしまい、採用されないことがあります。

こうした状況を考慮し、上手な仕方で自分をアピールするように心がけるべきです。この点で一番よい方法は、自分の実績や取得している資格を履歴書を通して面接官に知らせ、向こうからその点について尋ねてくるのを待つというものです。このようにすれば自分をアピールすることができると同時に、我が強く協調性のない人間であるという印象を与えずに済むのです。このような形でのアピールは面接官の質問に対して返答するという形で進められていきます。そのため自分の実績を述べるスピーチのようなものを準備するのではなく、面接官の質問に対してどう答えるかを準備していかなければなりません。

このような受け答えは面接官がどのような質問をしてくるかによって左右されるために、準備は容易ではないかもしれません。しかししっかりとした準備のもと、ポイントをわかりやすく説明するような返答ができれば好印象を与えることができますので、成功したときは採用の確立がアップします。

40歳を過ぎてウェブライターに転身して転職したノウハウ!

これまで事務職として働いてきた私がウェブライターに転職した体験談をご紹介します。現状の仕事に限界を感じつつも、年齢を理由に転職をためらっている方のお役に立てればと思います。

私は出版社で約10年勤務してきました。一般的に出版社と言うと編集職を想像するかもしれませんが、私が勤務してきたのは経理職。そのため出版社とはいえライティングのスキルはまったくありません。そんな私も出版社で勤務している以上はメディアを発信してみたいという希望を持ち続けていました。しかし会社ではプロのライターや編集者がプライドを持って仕事をしているため、未経験の私が発表する場などありません。そこで私が目をつけたのはウェブブログです。ここなら登録するだけで気軽にメディアを発信できる。そう考え私はブログに登録し、文章を書いて発表してみました。幸いなことに一般的な職場に比べて、経理職とはいえど文章を見てきた経験は多いほうです。それに売れる文章、売れない文章の違いは分かっているつもりです。最初の半年くらいは時間がかかりましたが、すぐに軌道に乗せることができました。ブログを運営して半年ほど、ブログに載せていたお問い合わせフォームから、ウェブライターとして働いて欲しいとのメールが到着。調べてみると、ウェブでメディアを発信している会社でした。どうやら私のブログを読んでスカウトしてくださったようです。今ではその会社にウェブライターの正社員として勤務しています。

未経験業界でもスキルアップをしたことで、希望の仕事に就くことができました。

私が最初に就職したのは地元の中小企業でした。その時は就職活動をほとんど行わずに、受かりそうな会社を受け手就職しました。その為、仕事についてからはあまりやりがいを感じることができずに、すぐに転職を考えるようになりました。とは言え、石の上にも3年といわれるように、すぐに退職してしまっては、おそらく他の会社に行っても同じことの繰り返しだと思いました。そこで、仕事が嫌でも3年はそこで頑張ることにしました。毎日仕事の時間が長く感じ、残りの時間を考えながら仕事をしていたこともありました。今思えば、無駄な時間を過ごしてしまったかもしれません。しかし、次の職場ではそういったことがないように、自分で納得できる会社に就職しようとも思いました。

結局、3年数か月が過ぎた所で、退職をすることにしました。次の職場は福利厚生の充実した、もっと大きな企業に就職したいと考えていました。その時は公務員を目指し、勉強を始めところでした。しかし、その年の試験には合格できずに、翌年もう1回チャレンジすることにしました。通信講座を利用して、効率よく公務員試験の勉強を進めました。アルバイトと両立しながらの勉強だったので、予定通りには進まないこともありました。しかし、次の年には無事に公務員試験に合格することができました。それでもその年は希望の仕事の空きがなく、結局民間の大手企業に就職することにしました。福利厚生などの条件は最初の職場と比べると、雲泥の差です。
また、日本経済が見えるようになり、景色も変わりました。転職して本当に良かったと感じています。

転職はやってみなければ分からない、ダメなら再転職すれば良いだけの話

未経験で転職のメリットとデメリットを考えると、今の生活を捨てて新しいことに挑戦するのはとても勇気が要ります。失敗した時に収入が下がって生活が危うくなることがあるからです。しかし、今の仕事に満足出来ないなら、これは勇気を出して転職をしてみるべきです。転職をして成功するかどうか、これはやってみなければ分かりません。また、行動を起こさずにグダグダと考えても何も変わりません。行動を起こすことが何よりも大事です。転職をして失敗してしまった場合、これはそこで人生が終わるわけではありません。また転職をすれば良いだけの話です。何度も未経験での転職することはデメリットとされています。しかし、メリットになる部分もあります。それはいろんな職場を経験できる事です。同じ業界で同じ仕事でも、働く職場が変われば経験できる内容も変わってきます。また、転職をしますと周囲の人間関係にも変化が起きます。新しい人と出会い、それによって次の仕事が見つかることも珍しくありません。世の中は思っている以上に広いですし、職場が変わるだけでも生活が一変します。新しいことに挑戦するとモチベーションが高くなり、人生にも刺激を与えることが出来ます。一度きりの人生ですし、思い立ったら行動してみるのは悪くありません。転職をするなら計画をしっかりと立てましょう。退社から入社まで、転職活動の内容に関しても入念に計画を立てておけば、成果をしっかりと上げることが出来ます。